Change Language

アジア随一の
ビジネスハブ

香港は、中国およびアジア地域全体の膨大なチャンスを活用できる、理想的な位置にあります。

最適なビジネス拠点  
アジアの全主要都市に4時間足らずでアクセスできる香港。8,000社を超える企業がここを拠点としています。多数の企業が、営業、経営、研究開発(R&D)、物流、地域統括本部、財務統括拠点といった戦略的部門をこの街に設置しています。香港には就航している航空会社が100社以上あり、190ヵ所の地域に効率よく移動できます。5時間以内のフライトで世界人口の半分にアクセスすることが可能です。

未来志向 
一帯一路は、中国本土とアジア、ヨーロッパ、中東各国を結ぶ経済圏構想です。国際金融センターである香港は、独立した法制度、法の原則、情報と資金の自由な流れ、健全な規制制度を保ち、企業にとって一帯一路の恩恵を最も享受できる絶好のポジションにあります。  

また、もう一つのチャンスが、粤港澳大湾区(広東・香港・マカオビッグベイエリア)から生まれようとしています。経済統合により、当該地域10都市超の各特性が融合され、ワールドクラスの経済圏が形成されようとしています。香港は、この経済圏が国際的な競争力を持ち、企業にとって恩恵を享受できる理想的な場所にすべく、主要な役割を担うことになるでしょう。

香港で会社設立するもう一つの利点は、自由貿易政策です。香港は自由港の地位と簡素な税関手続きにより、企業に営業しやすい環境を提供しています。

世界屈指の金融センター  
香港は、長年、当地域随一の金融ハブとしての役割を担ってきました。  香港は銀行、証券、先物、保険、年金制度など、金融サービス業界に非常に透明で健全な規制制度を提供しています。これらの業界は世界水準の慣行と基準を順守し、香港でビジネスを模索するすべての人に安心を与えています。

また香港は、世界最大の人民元決済オフショアセンターでもあります。企業は、銀行や金融機関が提供する幅広い人民元サービスを簡単に利用することができます。

香港ではストック・コネクトとボンド・コネクトも始まっています。これにより、香港の投資家は中国本土に直接アクセスできるようになり、香港の国際金融センターとしての地位はさらに確固たるものとなりました。

また香港は自らをアジアのフィンテックハブとして位置付けています。 Fintech hub.

Stay Up-to-Date
ご連絡先をお知らせください。折り返しご連絡いたします。

some error

some error

The personal information you have provided will help us deliver, develop and promote our services. By submitting your details, ticking the boxes and clicking "Submit" indicate that you have read and agreed to our privacy policy and cookie policy. Please read these to understand your data rights.

香港経済貿易代表部
〒102-0075 東京都千代田区三番町30-1
This web site is best viewed at screen resolution of 1600 x 900 pixels or higher. And be viewed through Internet Explorer 11+, Mozilla Firefox® 59+, Safari 10+, Chrome 64+or higher version.

Share to

Use Scan QR Code in WeChat and click to share.
QR
Copy the link and open WeChat to share.