Accessibility Links

アジアビジネスにおける戦略的拠点

香港は、中国本土やアジアでのビジネス展開を目指す成長企業にとって、理想的な位置にあります。

アジアの中心に位置し、比類のない交通機関の接続の良さにより、活力あるアジアの各市場へアクセスしやすく、戦略的優位性を誇ります。

アジアビジネスにおける戦略的拠点
  • 日本との時差は1時間
  • 100社を超える航空会社が世界の約180都市・地域へ向けて就航、毎日約1,000便の飛行機が離発着
  • アジアのすべての主要市場に4時間以内のフライトでアクセス可能
  • 5時間以内のフライトで行けるエリア内に世界の半分の人口が居住

中国本土への玄関口

ビジネスにおいても、地理的にも、香港から中国本土市場へは容易にアクセスできます。中国本土最大、かつ最も生産性の高い製造拠点である珠江三角洲(パールリバーデルタ(以下「PRD」))地帯は、香港のすぐ北側に位置しています。同地域には、香港企業および海外企業の数万の工場が存在し、多くのビジネスマンが日常的に香港と行き来をしています。深圳、広州、東莞などのPRD地域の主要都市は、現在では中国本土でも有数の裕福な地域に成長し、消費財とビジネスサービスの大きな市場となっています。

香港から広州、さらにその先へ

香港と中国本土間の人と物の円滑な流れを確保することが、ビジネスの成功に不可欠です。広深港高速鉄道など、複数の新しい交通機関の建設が現在進められています。

  • 香港~広州間を結ぶ広深港高速鉄道の敷設距離は142Kmに及び、48分で移動可能
  • 中国本土の既存の鉄道と接続し、香港から中国本土南部やそのさらに先の地域の主要都市を中心部で接続(武漢5時間、上海8時間)
Hong Kong's strategic location diagram, refer to description for more info

Hong Kong is 5 hours from half the world's population and 4 hours from all of Asia's key markets