Accessibility Links

入境、ビザ、雇用

中国本土への入国には必ずビザが必要ですが、香港は中国本土とは異なる入境管理政策を持つ特別な地域で、特に、ビジネス目的での入境は比較的容易です。

170以上の国や地域からの訪問者に対し、最長7日から180日までのいずれかの日数を上限として、香港へのビザなし入境が許可されています。日本のパスポート保持者の場合は、香港入境後90日以内の滞在であれば、ビザは不要です。

入境、ビザ、雇用

就労ビザの要件

外国人は通常、香港での居住や就労に際し、ビザが必要です。ただし、香港の制限が少ない短期ビザ政策により、出張による短期間の入境であれば、観光ビザや入境許可によって(日本のパスポート保持者で90日以内の滞在の場合はビザ不要)、滞在中に商談や契約の締結を行うことができます。

注: 出張での業務遂行には、一部制限があります。詳しくは、インベスト香港までお問い合わせください。

香港ビザの種類

就労ビザ

海外からの人材を採用するためには、駐在員となる申請者が業務上の特別な技術や知識、経験を有する者であり、香港では代替する人材がいないことを、証明する必要があります。また、同申請者に対し、香港の雇用主がビザスポンサーになる必要があります。

投資ビザ

投資ビザは、香港で登記された法人の株主に適用されるビザです。
具体的には、以下のような人材が該当します。

  • 主要な投資家として、香港に会社を登記、設立する者もしくは、
  • 香港を拠点とする会社に投資する者

香港に会社を登記、設立する場合は、申請者は、設立会社の事業の実行可能性について詳細を説明する必要があります。また、既存の会社に投資する場合は、自身の財政状態を説明する必要があります。

起業家ビザ

申請者は、スタートアップの創業者またはパートナーであるか、スタートアップ・プロジェクトの主要な研究者である必要があります。当該スタートアップやプロジェクトは厳格な審査と選定プロセスを経て、政府支援プログラムによってサポートされている必要があります。政府支援プログラムには、以下のものがあります。

  • インベスト香港主催のStartmeupHKベンチャープログラム
  • 香港サイエンスパーク(Hong Kong Science and Technology Parks)主催の、ウェブ/モバイルアプリケーション(Incu-App)、バイオ技術(Incu-Bio)、テクノロジー(Incu-Tech)対象のインキュベーションプログラム
  • サイバーポート主催のインキュベーションプログラム(Cyberport Incubation Programme)
  • 創新科技署(Innovation and Technology Commission)主催の、企業支援スキーム(Enterprise Support Scheme (ESS))
  • 香港デザインセンター(Hong Kong Design Centre)によるデザイン対象のインキュベーションプログラム(Design Incubation Programme)

投資移民制度(Capital Investment Entrant Scheme)

香港政府は、2015年1月15日から投資移民制度を、別途通知があるまでの間、一時休止することを発表しました。入境事務處(Immigration Department)は、2015年1月14日までに受理した申請に関しては、既に承認済(AIP(原則承認)および正式な承認を含む)、手続き中に関わらず、処理を継続します。詳細およびFAQ(よくあるご質問)については、入境事務處のウェブサイト(www.immd.gov.hk)をご参照ください。

扶養家族ビザ

ビザを発行された申請人は、十分な資産を保有し、適切な住居を確保していることを条件に、配偶者および18歳未満の扶養家族を伴っての入境が許可されます。配偶者および扶養家族の滞在条件は、ビザ保持者と同じです。扶養家族ビザを保有する配偶者は、合法である限り香港で就労することができます。

香港政府は、一般就業政策(General Employment Policy)(雇用、投資)、輸入内地人材計画(Admission Scheme for Mainland Talents)および優秀人材入境計画(Quality Migrant Admission Scheme)を強化する政策を実施しています。

また、入境事務處は、海外へ移住し永住している香港出身者の第二世代の香港への入国、定住を促すパイロットスキームを導入しました。

詳しくは、以下のリンクをご参照ください。
http://www.immd.gov.hk/eng/faq/enhancement-measures-on-admission-schemes.html#Admission

香港のIDカード

法律により、香港では11歳以上のすべての居住者が、香港IDカード(身分証明書)を常に携帯しなければなりません。

就労ビザや投資ビザなどを取得し、180日以上香港に滞在する場合は、香港IDカードを申請しなければなりません。入境事務處での申請は、簡単にかつ無料で行えます。ただし、香港に到着後30日以内に申請する必要があります。

就業規則

雇用条例 (Employment Ordinance)は、法定休日、強制積立年金(Mandatory Provident Fund)、病気休暇や出産休暇、退職金や勤続手当などの、最低限守られるべき従業員の権利を定めています。雇用主は労働者補償条例(Employees’ Compensation Ordinance)に基づき、従業員のために従業員の補償保険に加入することが義務付けられています。

インベスト香港では入国、ビザや就業規則に関する詳細情報を提供しております。お気軽にお問い合わせ下さい。