Accessibility Links

会社形態および会社名

会社設立にあたっては、まず初めに会社形態と会社名を決める必要があります。

会社の形態

海外企業が香港で会社を設立する場合、以下のような会社形態を取ることができます。貴社が展開する事業に最も適した形態をお選びください。

会社形態および会社名

・有限会社
最も一般的な会社形態です。有限会社は香港で設立された法人のことで、海外企業の現地法人もこれに含まれます。中国本土との自由貿易協定である経済貿易緊密化協定(CEPA)を含む、香港法人を対象とする全ての税務上の優遇措置および控除と、香港の法人に与えられる特権を享受することができます。

・支店
香港域外で設立された会社(海外企業および中国本土企業)が香港で事業所を設立する場合、設立から1ヶ月以内に「外国会社 (非香港会社)」として会社登記所に登記する必要があります。有限会社である現地法人(子会社)とは異なり、支店は親会社から独立した法人ではないため、親会社の信用格付けを活用し資金調達を行うことができます。

・駐在員事務所
営利活動に従事することができず、その機能には制限があります。駐在員事務所は、大きな投資を行う前に、香港市場を調査するのに有効です。法的義務が生ずるような取引を行う場合は、有限会社または支店に会社形態を変更する必要があります。

会社名

香港で有限会社を設立し登記する際には、会社登記所(Companies Registry)に既に登記されている会社の社名と同じ社名を使用することはできません。会社登記所のサイバーサーチセンター(Companies Registry’s Cyber Search Centre)または企業サーチモバイルサービス(Company Search Mobile Service)で、登記済会社名を無料で検索できます。

会社組織

香港で設立される有限会社の大半は、株式による私的有限責任会社です。

香港の私的有限責任会社は、取締役に少なくとも1名の自然人と1名の会社秘書役を置くことが必要です。取締役が1名だけの場合、その取締役が会社秘書役を兼ねることはできません。会社秘書役が自然人の場合、会社秘書役は香港に居住している必要があります。会社秘書役が法人の場合、その登記上の事務所または事業所の所在地は香港である必要があります。香港非居住者でも取締役に就任することはできます。

ただし、私的有限責任会社の登記上の事務所所在地は、香港である必要があります。

株主は香港の居住者である必要はありません。株主が1名だけの場合は、株主が取締役を兼ねることができます。

香港での会社設立をご検討される場合は、インベスト香港までご相談下さい。インベスト香港は、実用的なアドバイスをし、香港に進出する海外企業のサポートをさせていただいております。